ヨーギンの増加は社会全体が癒しを求めた結果

心身の安定を求める人が増えてきた現代において、ヨガはエクササイズでありながら代替医療としても注目される、心と体を健康に保つために最適な行法であるといえるでしょう。日本でも幾度かのブームを経て定番化し、関連した本や映像も多く市場に出回っており、体質改善や病気予防にヨガをを実践する人は老若男女問わず増えてきています。

ヨーギンはヨガをする男性のことを指し、日本ではまだまだ少ない男性ヨガ人口ですが、アメリカや本場インドでは多くの男性がヨガを実践し、心と体の健康に関心を寄せているのです。

日本ではダイエットや美容効果を謳われるなど女性向けのエクササイズである印象が強いのですが、そもそもの発祥地であるインドでは、体質改善や叡智に至るための行法として、女性だけではなく男性も同じように実践しています。

健康効果や身体的な代替療法としてだけではなく心の調整に働きかけるヨガは、西洋医療が不得手としている精神における疾患に関して有効に作用する代替医療としても期待が高まっています。

ヨガといえばアクロバティックなポーズをイメージする方も多いかもしれませんが、呼吸法や瞑想といった精神的なものをベースとしており、男女問わず忙しい日本の現代社会において、日々蓄積していくストレスを解消するためスピリチュアルなものに癒しを求めることや、今後女性の実践者だけでなくヨーギンが増えていくことも自然な流れなのではないでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ヨガ

このページの先頭へ