ヨガマットの選び方や材質、安定性について

ヨガマットは、ヨーガのポーズをする時に敷くためのものです。ポーズをする時にわざわざヨガマットを敷く理由は安全性を高めると共に、場を確保するという目的があります。また快適なマットを使用することでリラックスすることができ、よりヨーガに集中できるようになります。

スタジオでもレッスンでも自分専用のものを使用するのが普通なので、ヨーガを始める時は必ず購入しますが、メーカーによって材質や厚み・サイズが異なるので吟味して選ぶことが大切です。一般的に、男性は女性よりも体が大きいので大きめのサイズで、厚みがあるものを選ぶ方が多いようです。

選ぶポイントで大切なのは、安定出来るかどうかということです。ポーズによっては激しく体を動かすことがあるので、その度にズレてしまっては安定したポーズをすることができません。足を踏み込んだりした時にズレないか、ぜひ実際に使ってみて選ぶことをおすすめします。

材質は塩化ビニル、エラストマ、天然ゴムなどがあります。中でもおすすめは、弾力があって安定性に優れている天然ゴムです。しかし、ゴムアレルギーがある方はアレルギーが出る恐れがありますので、他の材質の物を選んでください。

実際に素足で踏んでみて、気持ちが良いと思うものが自分にあっていると考えられています。また、ヨーガのポーズでは寝転ぶことも多々ありますので、素足で踏むだけではなく、寝てみるとさらに弾力の違いが分かりますので寝転んでみて下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ヨガ

このページの先頭へ