ヨガ・エイド・チャレンジのイベントについて

ヨガエイドというチャリティヨーガイベントが多く存在しますが、中でも大きいものでヨガ・エイド・チャレンジがあります。2008年から開催されているワールドワイドのもので、2012年には寄付金100万ドルを目標にして開催されました。集まった寄付金は日本の被災地などに寄付されることになっています。

ヨガ・エイド・チャレンジは、2006年に愛好家であるクライヴ・メイフュー、エリコ夫妻が始めたイベントで、ヨーガを世界的にもっと広め、その精神を社会活動に活かそうという目的を持ち、「Giving4Living」(与えることこそ生きること)をコンセプトにしています。

この夫妻は、世界各国でヨガ・エイド・チャレンジのイベントを開催し、世界中のヨーガ愛好者たちが集結して大きなイベントに成長しています。

日本でも多くの人たちが参加していて年々その輪は広がっており、ヨーガ歴も上手下手も関係なく参加できますし、参加する場合は寄付金を納める必要がありますがあくまでも任意です。またヨーガはしない人でも寄付だけをすることも可能です。

イベントの内容は、リレー式で24時間ヨーガを続けるというものですから、参加したい人は自分の好きな時間に行けば、いつでも参加することができます。

しかし、指導者は一定の時間ごとに交代するため、お目当ての指導者がいる場合はその人が担当する時間を調べておく必要があります。このイベントは東京、名古屋、大阪、福岡をはじめ各地で行われますので、近くで開催される会場にお出かけください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ヨガ

このページの先頭へ