ミトラとミスラ教の発展と衰退、そして変貌

ミトラとは、太陽神の1人で契約、友情、友愛の神として、まだインドとイランが共通だった古い時代にその当時に住んでいたアーリア人が崇拝していた神です。イラン神話に登場するミスラと同じ起源だと言われています。インド神話ではヒンドゥー教やバラモン教の神であるインドラ神ほどの神格をも持っていました。

古代インドの聖典、ヴェーダの1つリグ・ヴェーダをはじめいくつかのヴェーダではヴァルナ神と並ぶ最高の神で、ミトラが契約を結ばせ、ヴァルナがそれを監視し、契約に反する事が起こると、その者を罰したとされています。

しかし、その後のインドではあまり活躍していない神で、その後はアジア、ヨーロッパにミスラ教として広まり、イランではゾロアスター教の神として崇拝され、以後に登場したユダヤ教やキリスト教に影響を与えたと言われています。

また、古代ローマでは太陽の神ミトラスとして崇拝されるようになりましたが、ローマ帝国の文化や他の宗教が入り混じって変貌を遂げながら発展したと考えられています。

また、仏教で信仰されている弥勒菩薩はサンスクリット語でマイトレーヤといい、これはミスラの別名でもあり、語源がミスラと同じ契約や友情であることから、ミスラは仏教に伝わって弥勒菩薩としてあがめられていることが分かっています。

マントレーヤには慈悲深い、厚い友情、友好的というような意味があります。あと、ゾロアスター教に融合されたミスラも日本に伝わっていて、その場合のミスラは毘沙門天、多聞天とされ、日本では現在でも崇拝されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ヨガ

このページの先頭へ