マタニティヨガで安産と健やかな赤ちゃんの成長を

マタニティヨガは、妊娠をした女性のためのヨーガです。安産を目指して心身を整えることを目的としています。妊娠中はお腹が大きくなるにつれて、腰痛や肩こり、むくみ、食欲不振、不眠症などが起こりがちになりますが、そのようなトラブルもヨーガをしていれば改善することができます。

昔から、妊娠中でも体を動かすことが安産への道だと言われていますが、ヨーガで適度に体を動かし、股関節を柔らかくすることで楽にお産ができるようになります。
お産は、狭い産道を通って出て来る赤ちゃんにとっても命がけです。お母さんがヨーガで体をお産に備えておくことで、赤ちゃんの負担を軽くしてあげることができます。

お産が軽いと、お母さんにとっても苦しい陣痛が少なく済み、体へのリスクも軽減できますので、そのためにもマタニティヨガはとても良い運動と言えるでしょう。また、マタニティヨガは精神的にもリラックスできるので、お腹の中の赤ちゃんにもとても良い影響を与えます。

お母さんがイライラしたり、ピリピリしたりすると、それがストレスとなって赤ちゃんに悪影響を及ぼし、アレルギー体質になりやすかったりするそうです。赤ちゃんが健やかに成長できるように、ヨーガで精神面も整えることが大切です。

あと、妊娠中のヨーガは、妊娠初期でも大丈夫だと言われていますが、妊娠初期は流産のリスクが高い時期ですので、やはり慎重に行動しなければなりません。ヨーガを始める場合は産婦人科の医師に相談にして決断するようにしてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ヨガ

このページの先頭へ