プラーナーヤーマの意味と呼吸法のやり方について

プラーナーヤーマとはヨガの基本となる呼吸法のことをいいます。

調気法とも呼ばれ、ヨガの修行法が示されているパタンジャリのヨーガスートラにも第4段階にその方法が記されていて、鼻から息を吸い、鼻から吐き出す呼吸法を行いますが、それを行うことで精神を集中させ、深く瞑想に入ることで宇宙のエネルギー(プラーナ)をコントロールすると言われていて、最終的には宇宙との合体を目指すとされています。

プラーナーヤーマの方法は、通常の意識しないでする呼吸とは違い、肛門を締めつつ、鼻から息を吸ったまま息をしばらく止めます。これをクンバカといいますが、長くクンバカができるほど精神を集中させやすくなります。

クンバカの後は、静かに鼻から息を吐いていきますが、この時に腹部をから吐き出すようにイメージし、へその辺りをへこませ、息を吐き切った時はへその辺りを少し上に持ち上げるようにイメージしますが、この間肛門は引き続き締めたままで行うのです。

ヨガの呼吸法を行っていると、体全体が温かくなってきますが、これは息を長く吐くことで血液の循環が良くなるからです。この呼吸法を続けることによって、精神的に安定するのはもちろんですが、体内の毒素を排出したり、体温が上がることで免疫力もあがり様々な病気から体を守ることにも繋がる事が実感出来るでしょう。

最初は肛門を締めたり、腹部をへこませるのは難しいですので、鼻から息を吸い、息をしばらく止めて、鼻から時間をかけて吐き出すという呼吸をしながら練習をする事をおすすめします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ヨガ

このページの先頭へ