ピンガラ管とナディの仕組みとチャクラとクンダリーニの覚醒

ピンガラ管とは、プラーナが通るナディの1つです。プラーナは宇宙からのエネルギーのことをいいますが、プラーナは体の中ではナディという管を通って各チャクラに送られ、チャクラを活性化させると言われています。

ナディは、全部で約7200本あると言われていますが、最も重要なナディは体の中央、脊髄に反るように位置しているスシュムナー管と、それに絡むようにらせん状に伸びているピンガラ管とイダー管です。これら3本が交わるところにチャクラがあるとされています。

チャクラは、下からムーラダーラ・スヴァディッシュターナ・マニプラ・アナーハタ・ヴィシュダ・アジーニャ・サハスララの7つがあると言われ、これらを活性化させると覚醒して、体内に眠っているクンダリーニを覚醒できるとされています。

クンダリーニは、体内では蛇のようにとぐろを巻いて眠っているとされ、シヴァ王とシャクティ王女にたとえられて表現されていて、覚醒するとムーラダーラ・チャクラ眠るシャクティ王女が目を覚まし、各チャクラを通ってアジーニャ・チャクラで眠るシヴァ王の元に登っていき、やがて2人は合体し、宇宙に登って行くと言われています。

これは、精神と宇宙との合体、梵我如一を現わしていて、ヨガの修行者たちが目指している頂点です。精神が宇宙へ解き放たれると、精神はあらゆる欲、感情から解放され、真の自由と楽を得ることができるという教えで、あらゆる煩悩から魂が解放されるということであり、すなわち解脱のことです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ヨガ

このページの先頭へ