パンチャ・コーシャの意味とそれぞれの層の働き

パンチャ・コーシャはヒンドゥー教の三大経典ウパニシャッドに説かれている人間五層説です。ウパニシャッドには色々ありますが、人間五層説が書かれているのはタイッテリーヤ・ウパニシャッドです。

人間五層説は、人間の体は5つの鞘から成り立っていて、外側からアンナマヤ、プラーナマヤ、マノマヤ、ヴィジナーナマヤ、アーナンダマヤ・コーシャと呼ばれています。
アンナマヤは食物鞘で、食べ物を食べることによって維持されている肉体のことを指します。

その内側にはプラーナマヤの層があり、ここは生気鞘と呼ばれていて、宇宙からのプラーナが流れています。生気鞘ではプラーナのエネルギーを使ったり、排出する働きをしていて、生命力を維持しているところです。

その内側にはマノマヤと言われる意思鞘があります。ここは感情や意志を司るところです。感情や意志は外界からの刺激などに反応して変化しやすく、コントロールすることが必要ですが、それは、その内側にあるヴィジナーナマヤの理知鞘の役目です。

ここでは感情や心、記憶をコントールして知性のある行動へと導きます。これをヒンドゥー教では我とも言います。そして、一番奥で体の中心部にあるのがアーナンダの歓喜鞘です。我と無限の宇宙を結ぶところで、これによって精神は喜びと自由を得ることができます。

歓喜鞘は宇宙のエネルギーに満ちた生命そのものが息づいているところです。ヨガでは、このパンチャ・コーシャを如何にしてコントロールするかということを目標に修行を行っています。この修行法の1つが、有名なパタンジャリのヨーガスートラです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ヨガ

このページの先頭へ