パンチャ・コーシャの5つの鞘についての説明

パンチャとはサンスクリット語で数字の5を意味します。ヨガにはパンチャ・コーシャという言葉がありますが、これはサンスクリット語で5つの鞘という意味です。ヨガでは人の存在は5つの鞘でできていると考えられていて、これをパンチャ・コーシャと呼んでいます。

これは、アンナマヤ・コーシャ、プラーナマヤ・コーシャ、マノマヤ・コーシャ、ヴィジナーナマヤ・コーシャ、アーナンダマヤ・コーシャの5つです。アンナマヤは食物鞘、食べ物によって生きることができる肉体のことを意味していています。

プラーナは生気鞘、プラーナはその内側を流れる生命のエネルギーとされる気です。マノマヤは意志鞘、プラーナの奥にあり、意志や記憶を意味しており、これは様々なことに反応します。その内側にはさらにヴィジナーナマヤという理知鞘があり、これは知性、自我という意味で、変化する心、記憶をコントロールします。

そして、一番奥にはアーナンダマヤがあり歓喜鞘とされています。知性や自我を無限な宇宙へと結び、真の歓喜と自由を手に入れます。すなわち、宇宙と精神が1つになるということで、「梵我一如」とも言われます。

これはヨガの基本的な考え方で、ヒンドゥー教の三大経典の1つ、ウパニシャッドのタイッテリーヤ・ウパニシャッドに説かれていて、人間五層説とも呼ばれています。この考え方はアーユルヴェーダの治療においても重要とされていて、それぞれの層を健やかに保ち、調和させることが心身の健康に繋がると考えられています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ヨガ

このページの先頭へ