内観の意味と必要性、ヨガの瞑想で行う方法

内観とは、自己を客観的に見ることです。自分を第三者から見るように観察し、客観的に捉えることにより、自分のありのままを受け止められるようになり、今まで自己に否定的だった意識も、肯定的な意識に変えることができます。

自己に対して否定的な考えを持っている人は大変多いですが、そのような考えを持っている人は自暴自棄になりやすく、自分で自分を傷つける行為に走りがちです。何度も自殺未遂を起こしたり、拒食症や過食症になってしまったり、うつ病などの精神的な病気になってしまう場合もあります。

また、体に入れ墨を彫ったり、ピアスの穴を開けたりすることも、自分で自分を傷つけているので、そのような考え方から来ていると言われています。

内観を行うと、自己を肯定的に捉えることができるようになるので、このように自分を傷つける行動を取らなくなるだけではなく、自己を変えようと前向きな考え方ができるようになり、精神的にとても強くなることができます。

内観は、瞑想が最適とされ、仏教などでも指導されています。
瞑想を行う時は、まずは意識を外界からシャットアウトして、目を閉じ、眉間の辺りに意識を集中させていきます。

そして、心も頭も空っぽにして宇宙からのエネルギーを感じてください。宇宙からのエネルギーで体が満たされていくのが感じられるはずです。このような瞑想を1日に30分程度行うようにすると、自然と自己に対しての考え方が変わってくるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ヨガ

このページの先頭へ