トリドーシャの意味とアーユルヴェーダの治療法

トリとは、サンスクリット語で数字の3を意味し、トリドーシャなどの言葉に出てきます。トリドーシャは、アーユルヴェーダの3つの基本エネルギーのことです。

人間はこれらのエネルギーの組み合わせで、性格や体質が決められていると言われていて、その3つのエネルギーとはヴァータ、ピッタ、カパで、ヴァータは風と空気の元素、ピッタは火と風の元素、カパは水と土の元素となっています。

人によって3つのドーシャのうち、1つか2つは強いドーシャを持っていて、ヴァータが強い人は、体が細く目が小さい、唇が薄くて歯並びが悪い、肌が乾燥していてシワやシミが多いというのが特徴です。

ピッタが強い人は、肌にハリがありそばかすが多い、紫外線を吸収しやすい体質で肌が焼けている、鼻筋が通っていて目の色が薄い、歯が黄色く口臭や体臭が強い、白髪ができたり禿げやすいなどが特徴です。

またカパが強い人は、オイリー肌で髪の毛の量が多い、目の色が濃くガッシリした体格で、女性では豊胸な人が多いのが特徴です。ドーシャの組み合わせ、強弱は常に変化していて、バランスを崩す時もあり、そのバランスを崩した時に人は病気になると言われています。

アーユルヴェーダでは、様々な浄化法、治療法で過剰なドーシャを体外に出すなどして治療を行います。その浄化法、治療法は、5000年の歴史があると言われているアーユルヴェーダで、ずっと継承されてきた伝統的なものです。現代に合わせて変化したものもありますが、その効果は現代の医学でも驚かされることが多いようです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ヨガ

このページの先頭へ