デトックスヨガとはどのような効果があるのか

デトックスヨガは、室温と湿度が高い部屋などで行うのですが、大量の汗をかくので、デトックス効果が期待できます。これは、伝統的なヨガを現代人に合わせてアレンジした、新しいスタイルのものです。

デトックスとは、体に溜まっている毒素を体外に出すことです。私たち現代人の周りは、着色料や防腐剤などの有害物質で溢れています。ですから、体にはかなりの毒素が溜まっていると言われています。

その毒素は危篤な病気を招く他、ホルモンバランスが乱れたり、精神にも異常を来す場合があります。現代で生きていく以上、有害物質は常に私たちの側にあり、避けようがありません。ですから、定期的に毒素を体から出してしまう必要があるのです。

このヨガは、高温の部屋で汗を出しやすくするだけではなく、リンパ腺の流れを良くして、毒素が体から出やすいようにします。元々、アーサナには体をねじったり、伸ばしたりするポーズが多く、内臓の動きを活発にする作用があります。さらに、呼吸法にも自律神経を整える作用があるので、内臓の動きを良くすることができます。

内臓の働きは、自律神経によってコントロールされているからです。内臓の動きが活発になると、毒素は自然と体外に排出されるようになります。私たちの体はそのように作られているのです。アーサナをすることによって、その力を引き出すことが可能になりますので、これ自体に毒素排出の作用があると言っても、過言ではありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ヨガ

このページの先頭へ