スワミ シバナンダ氏の功績とシバナンダ・ヨガ

スワミ シバナンダ氏は、シバナンダ・ヨガの創始者です。彼は元々は優秀な医師でしたが、多くの人の心を救いたいと、医師を辞めて出家者となり、北インドの小さな小屋でヨガの修行を始めたのです。やがて、多くの人が彼の元に集まるようになり、教えを乞うようになって、そこには1つの精神的修行を行う場所「アシュラム」ができました。

これがシバナンダ・ヨガの始まりです。
スワミ シバナンダ氏は、そのアシュラムで多くの人に教えを広めるために、英語での著書を作成したり、当時珍しかった女性の弟子も受け入れ、英語を使って指導しました。そのおかげで多くの人に親しまれるようになり、その功績は輝かしいものがあります。

彼が創始したシバナンダ・ヨガは誰でも気楽に始められるように、古来のヨガを基本に考え出されたもので、難しい知識などは必要ありません。
また、誰かに幸せにしてもらうのではなく、自分の中に幸せは見つけなければならないと説き、その教えを広めていきました。

現在は彼の弟子たちによって世界中に広まっています。また彼は指導者の育成にも力をいれ、北インドにアシュラムとヨガの総合大学を設立し、誰でも修行や勉強ができるようにしました。現在でもヨガの修行者たちの学びの場となっています。

近年では、彼の弟子であるサッチナンダ氏が、アメリカでアシュラムやセンターを設立し、アメリカを拠点として色々な所で広めました。そのおかげでアメリカでも大変な人気になっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ヨガ

このページの先頭へ