スシュムナーとナディー、そしてプラーナの関係

スシュムナーとはナディーの1つですが、ナディーは気道のことで、宇宙からのエネルギーであるプラーナが流れているところです。これは体内に72,000本あると言われていて、体内に縦横無尽に張り巡らされています。クンダリーニ・ヨガでは、クンダリーニが覚醒した時、クンダリーニはこれらを通って体内を上昇すると考えられています。

その中で最も大切だと言われているのが、スシュムナーとイダ、ピンガラの3本です。これらのナディーが脊髄に沿って通っていると考えられており、スシュムナーが真ん中、イダが左、ピンガラが右で、イダとピンガラが螺旋状に絡み合い、眉間のところにあるアジュナ・チャクラまで続いています。

そして、これらの3本が交わっている地点にエネルギーが溜まるようになっていて、そこがチャクラにあたります。チャクラにはこれらのナディーを通ってきたプラーナが蓄えられ、必要に応じてそのエネルギーが使用されることになります。

プラーナは私たちに生命のエネルギーを与えていて、ナディーの状態が良いとプラーナも活発に流れますが、詰まっていたり、収縮していたりすると、プラーナがあまり流れず、私たちの肉体や精神に異変が起こるとされています。

ですから、ナディーの流れを良くすることが、肉体や精神を健康に保つうえで重要になってきますが、それにはナディー・ショダーナ・プラナヤーマが一番効果があると言われています。且つ、プラーナを高めることも必要で、それにはヨガの瞑想やアーサナを実践すること、そして栄養のある食べ物や飲み物を摂ることが大切とされています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ヨガ

このページの先頭へ