ヨガの世界で大きな存在となっているコーシャとは

ヨガの世界では、私たち人間の体の構造は、5つの層で出来ていると考えられており、その5つの層に対応した行法を開発したものこそが、ヨガなのです。ちなみに層は、「コーシャ」と呼ばれています。

まず1つ目は、目に見えて最も分かりやすい層として 食物鞘(アンナマヤ)が挙げられ、これは食べ物を摂取することで、体内で燃焼し維持されている肉体のことを指しています。2つ目は、生気鞘(プラーナマヤ)で、体内を電気が流れるような生命エネルギーである「気(プラーナ)」のことです。

そして3つ目は、五感の情報に左右されやすい意志鞘(マノーマヤ)で、心情のことです。4つ目は、理智鞘(ヴィジナーナマヤ)と言い、心や記憶をコントロールする知性のことを指し、自我と言われることもあります。

最後の5つ目は、歓喜鞘(アーナンダマヤ)で、精神や魂が自分の中で1つにまとまり、自我を越えて無限なる宇宙とつながった様を表しています。
これら5つは全てが繋がっていて、1人の人間が形成されているのです。そしてそれぞれの層が本来の働きをするよう、刺激を与えてあげないといけません。

ヨガは、その刺激に適していると言えます。食物鞘にはアーサナ、生気鞘にはプラーナヤーマ、意志鞘にはプラティヤハーラとダーラナー、理智鞘にはディヤーナ、歓喜鞘にはサマーディが適しています。身体の機能を活発化させる目的もまた、ヨガを始めるきっかけとなるのではないでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ヨガ

このページの先頭へ