ヨーガスートラを習得する為にグルクレーシャの意味を知ろう

グルクレーシャは、「グル」と「クレーシャ」の2つの単語が合わさって出来ています。グルは師もしくは指導者という意味で、「闇・無知(グ)」と「取り払うもの(ル)」が合わせられていて、精神的な案内人と略されることもあるようです。そしてクレーシャは、無明・我想・貪愛・憎悪・生命欲の5つの意味を兼ね揃えています。

この5つは、インド哲学の根本経典であるヨーガスートラの教えを得る際に邪魔になる存在となります。ヨーガスートラを習得する為には、まずクレーシャを克服する必要があるのです。

しかし、克服すると簡単には言ったものの、自然と出てきてしまうものです。強い固執から生まれるエゴや我想、過去の栄光などへの執着や貧愛、そして逆に嫌な思い出から生まれる反感や憎悪など、消そうと思ってもそう簡単に消せるものではありません。そこでグルが登場することになります。

真のグルに合うと、非常に安らぎを感じることが出来るようになります。それはグル自身が放っている霊的なものが関係しているのかもしれませんが、クレーシャを克服しようとする人にとっても良い影響をもたらしてくれます。とは言っても、真のグルと呼ばれる人に会う機会は、滅多にないのが現状です。

運が悪ければ、ずっと会えないかもしれません。ヨガに関連するイベントやセミナーなどが行われる際に出席することもあるので、そちらの方を頻繁にチェックしておくことをおすすめします。もし会う機会があれば、絶対に見逃すことは出来ないでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ヨガ

このページの先頭へ