無塩バターから作るギーで便秘解消やアンチエイジングに期待

インドの伝承医学として「アーユルヴェーダ」があります。アーユルヴェーダでは、運動エネルギーであるヴァータが乱れたり、結合エネルギーであるカパに異常が発生すると、便秘になると言われているのです。当然ながら便秘で得をすることはありません。

便秘を解消する為にもヨガや瞑想、呼吸法が勧められるのですが、他にも「ギー」が効果的です。
ギーとは、無塩バターを溶かし、水分やたんぱく質を除くことで得られる純粋な油のことです。インドでは、家庭料理にも頻繁に使われるほど定番のようです。

普通のバターよりも甘味が強く、例えるならキャラメルに似ているので、ついつい食べ過ぎてしまうほどです。トーストに塗るだけでも良いですし、温かいミルクに入れたり、カレーやスイーツ作りなどに入れることもあります。ギーはアーユルヴェーダの中で、生姜、ハチミツと同じくらい効能の高い食品として勧められています。

消化を刺激することで便秘を解消してくれますし、他にもアンチエイジングや視力改善、治癒力を高めたり、潰瘍や大腸炎にも効果があるようで、更に知性も高くなるとも言われています。便秘はもちろんですが、他の効能にも魅力を感じる方は多いはずです。

もし、欲しいと思うのであれば自分で作ってみてはいかがでしょう。材料はスーパーでも販売している無塩バターさえあれば、誰でも簡単に作ることができます。水分が完全に無くなった上質のものは、なんと100年は常温で保管することができるので、少し多めに作ることをおススメします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ヨガ

このページの先頭へ