ヨガの基本中の基本である完全呼吸とその効果

普段、私たちは何気なく息をしています。今まで吸ったり吐いたりする動作に対し、意識を持った方はどのくらいいるでしょう。ヨガを行う上で、呼吸はかなり重要となってきます。多くのスタジオや教室でも、ポーズや瞑想などを行う前に必ず練習しておく基本中の基本なのです。

しかし、ヨガに関する呼吸法は多く、全てを修得するのは困難なだけでなく時間もかかるので、まずは完全呼吸から修得するようにしましょう。
完全呼吸とは少し大袈裟のような気もしますが、一番基本的なものです。とは言っても、簡単という意味ではなく、あくまでも初心者が最初に練習する呼吸法ということです。

腹部と胸部、そして肩甲部の全てを使い、息を吸ったり吐いたりします。全身の筋肉、特に肋骨をコントロールしている筋肉が活発に使われるので、横隔膜がほぐされて上下し、胸腔は前後左右に大きく拡がります。

これによって内臓がマッサージされ、全ての器官が自然に機能するようになるのです。血中の酸素や生命そのものであるプラーナが増加し、全身にたくさんの空気が行き届き、その空気をゆっくりと吐き出すことで血圧が安定し、リラックス状態になります。

修得することが出来れば、自宅でも可能なので、負の感情(怒りや悲しみ)が出た時に役立ちます。感情をコントロール出来れば、ストレスを感じることなく心を落ち着かせられるので、精神的にもゆとりが生まれるはずです。日本にはたくさんのヨガ教室やスタジオがあるので、気になる方は是非通って修得してみてはいかがでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ヨガ

このページの先頭へ