カータカ ウパニシャッドとヨーガの関係について

哲学的な文献である「ウパニシャッド」は、古代インドの神秘的な聖典としても知られています。宇宙の根源や人間の本質などが書かれていますが、神話のほうがメインとなっているようです。ウパニシャッドは奥義書とも訳され、他にもサンヒターは本集、ブラーフマナは祭儀書、アーラニヤカは森林書とそれぞれ訳されています。

特にウパニシャッドは長年にわたり作られ続け、その数は20とも言われています。初期(BC.800年-BC.500年)・中期(BC.500年-BC.200年)・後期(BC.200年以降)と分けられているのも特徴の1つでしょう。また、近代に至っても新しいものが作られ「108ウパニシャッド」と表現することもあり、内容に関しても多岐にわたっているのです。

中期の時代に、カータカ ウパニシャッドとありますが、これはヨーガを初めて修業の方法として説いたものになります。具体的な内容としては、ヨーガを行う人を馬車に例え「飛び跳ねる馬のような自分の心に、くびきや手綱を付けて制御する」という心身統一や、瞑想の目的は目に見えない人間存在の根底に潜んでいることを想定しています。

カータカ ウパニシャッドは奥が深く、ヨーガに対する理解がなければ学ぶことはもちろん、そのもの自体を理解することすらできません。ポーズや呼吸法など、やるべきことや気を付けなければいけないことは多々ありますが、まずはカータカ ウパニシャッドで学び、知識を得ることで、より一層効果的になるのではないでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ヨガ

このページの先頭へ