ジャーティとヨーガはどう繋がっているのか

よく知られている通り、インドにはかつて、カーストと呼ばれる身分制度がありました。既にこの制度は廃止されましたが、今でもなお根強く残っているのが現状です。代表的なものとしては、結婚が挙げられます。

昔に比べると、恋愛結婚は増えてきましたが、それでも見合い結婚のほうが多く、そのほとんどが親が連れてきた相手と結婚させられます。結婚相手の条件としては、同じジャーティであることが大前提です。ジャーティとは、生まれや生業という意味で、簡単に言えば身分が同じ者同士ということです。

一見、ヨーガと何の関わりも無いように思えますが、実は深く関係しています。カースト制度があった頃、身分の低い者たちが気にせずに摂取できるものは空気でした。空気を取り入れることで、体内の酸素の循環を良くし、体にとって良い影響を及ぼすのです。

それを基に呼吸法とポーズを組み合わせて出来たのが、ヨーガであります。ヨーガは当時の身分が低い者たちの、云わばトレーニングのようなものでした。

過酷なインドを生き抜くためには、こういった工夫も必要だったのでしょう。
ジャーティとヨーガが直接的に関係しているとは言いませんが、間接的には関係しているのは確かです。

先祖の身分を受け継ぐということは、ヨーガも一緒に受け継いでいる可能性も高いわけです。カースト自体、あまり良い制度とは言えませんがヨーガが生み出された原点になったかもしれません。何事も善し悪しがありますが、カーストの善かった点は、ヨーガが生み出されたこととも言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ヨガ

このページの先頭へ