特別な力がなくてもオーラは見えるようになる

訓練をすることで、誰もが見ることが出来ると言われているオーラは、インド発祥のヨーガと深い関係があることをご存じでしょうか。そもそもヨーガは、私たちが知っているような健康やダイエットを目的としたものではなく、宇宙との交信や、分かりやすく言えば、超能力のような力を得るために行われる修業の1つとして信仰されてきました。

少しでも多くの方がヨーガに触れ合えるようにと、アレンジが施され、初心者でも出来るようになったのです。ヨーガを追求し、訓練を受けることで見ることが出来るオーラは、その人の健康状態や精神状態を知ることが可能となります。

では、どのように見えているのかというと、人の後ろをずっと付いていくぼんやりとしたもの、または空へ柱のように真っすぐ伸びているものと、表現の仕方にもいろいろとあるようです。また、色によってその人の状態を知ることも出来ます。

例えば黒やグレーなどは状態が悪いことがほとんどで、腰痛持ちの人には腰部分が、膝痛を持っている人は膝部分にぼんやりとしたものがあると言われます。鬱状態など精神が不安定な人は、頭上から全体に掛けて黒雲のようなものに覆われます。

逆に心身ともに絶好調を迎えている人は、明るい色で包まれており、中には空に向かって伸びていることもあるのです。
自分が好調なのか不調なのか、知らず知らずのうちにオーラとして出ているようです。そしてそれは、生まれ持った特別な力が無くとも、誰でも見ることが出来るようになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ヨガ

このページの先頭へ