世界でも有名な沖ヨガとは何か、発案者の目的について

「沖ヨガ」とは、日本にとどまらず世界中に広まっている生活統合ヨーガです。恐らく、ヨーガ未経験の方でも名前だけなら聞いた事があるのではないでしょうか。インド系のヨーガは、日本の近代的なものとは異なり、瞑想や超能力、宇宙との交信、難易度の高いアサナなどが、修業の1つとして考えられてきました。

インドでは今もなお、行われていたりします。そんな修業を経て、日本に伝えたのが沖正弘師であります。
沖師は、すべての中に神を見る「生命即神」の思想から、それぞれいいところを統合することで、生活統合ヨーガを生み出したのです。

そしてそれこそが沖ヨガであり、世界中に広まっています。他にも沖道ヨガや、海外ではOKI-DO YOGAとも呼ばれています。このヨーガの最大の特徴は、生活に役立つ方法、健康になるための体の使い方、食事の仕方、呼吸の方法、お互いを活かす対人関係、心の持ち方などが具体的に提唱されているのです。

沖師は1985年に亡くなりましたが、多くの弟子たちが意思を伝承し、各地に教室を開いています。貢献者が多く、それはNPO法人で協会が設立されていることからも分かります。

沖ヨガの普及、また伝承することを目的とし、社会に貢献する為に設立された活動団体です。合宿研修やヨーガインストラクターを養成したり、講師認定、福祉向け活動にも力を入れています。1980年には、ヨーガの世界大会を日本で開催した経歴を持つだけあり、世界でも名の知れた協会には違いなさそうです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ヨガ

このページの先頭へ