ハタヨガの基本、ウディヤーナのやり方と得られる効果

知名度が高いハタヨガは、経験者なら一度は体験したことがあるヨガの一種かもしれません。そんなハタヨガの技法の一つにウディヤーナ(ウディヤナ・バンダ)があります。そもそもバンダとは締めつけという意味であり、「喉」「腹」「肛門」の三つ存在するといわれています。ウディヤナ・バンダは腹部のバンダのことを指しているのです。

ちなみに喉は「ジャーランダラ・バンダ」、肛門は「ムーラ・バンダ」と言われています。
ウディヤナ・バンダは、ハタヨガを教えるクラスでは必ずといっても良いほど取り入れられている技法です。

覚えておくとハタヨガを体験する際にスムーズに進めることが出来ますし、なによりも普段の生活でも日常化することでいろいろな効果を得られるようになります。やり方は、膝を軽く曲げた状態で立ち力強く息を吐き出します。この時、おへそと腸を背中のほうに引き上げるようなイメージで、息は吸わないようにしてください。

また、ウディヤナだけでなく、ムーラやジャーランダラも一連の流れにあるので一緒に覚えておいたほうが二度手間を取らずに済みます。
では実際にいつ行うのがベストなのか、もちろん習慣づけることも大事ですが、緊張をしている時や集中力を高めたい時、リラックス効果を得たい時におススメです。

万が一、やっている最中に不快を感じたりしたら直ちに止めるようにしましょう。呼吸はゆっくり焦らず、慣れるまでは自分のペースで行うように心がけてみてください。気持ち的にも楽になり、上手くいくようになるはずです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ヨガ

このページの先頭へ