ヨガにおけるヴェーダ瞑想のテクニックとその効果

日常的には聞き慣れないサンスクリット語ですが、1つ1つの単語の意味を解釈してみるととても深く考えさせられる部分があります。
数あるサンスクリット語の中でも有名なのが「ヴェーダ」という言葉です。これは「神聖なる知識」を意味しています。

「神聖なる知識」とはどのような教えなのでしょうか。この言葉には、自分らしさを大切にしながら人との共有も大切にし、繋がっていかなければならない、という教えが込められています。では実際に、ヨガとはどのような関係があるのでしょうか。

ヨガと言っても運動量が多いものから、アサナのように瞑想を目的としほとんど動くことなく終えるものまで多数あります。種類も豊富で古代的なものから近代的なもの、昔に比べ選択肢が随分と広がりました。そんな中、注目したいのはヴェーダ瞑想です。その名の通り、瞑想を目的としているので運動量は極めて少ないのですが、高い集中力が求められます。

ヴェーダ瞑想は、心や脳を深く休め、心の中に眠る潜在意識を活性化させる1つのテクニックです。純粋な静寂を体験することが出来るので、普段のストレスや疲労をスッキリ解消する効果が期待できるのです。

実はこの瞑想法は古代から伝わっているものであり、ラーマムールティ師が体系化したことで日本でも実践できるようになりました。日常的には味わうことのない瞑想の世界、是非一度は体験してみたいものです。また瞑想を行うことで健康増進、メンタルヘルス、脳力アップ、潜在能力開発などにも効果的です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ヨガ

このページの先頭へ