初心者にもおススメのヨガ、アルダのポーズ

ヨガと言っても古代のものから近代化のものまで、種類豊富にあります。どのヨガが自分に適しているのかを見極めることが重要ですが、その前にどんなヨガがあるのかを知ることも大切なのではないでしょうか。

古代から伝わっているヨガはどうしても上級者向けとなってしまいますが、近代的にアレンジされたヨガであれば初心者はもちろん、子供からお年寄りまで幅広い年代の方たちが出来るようになっています。そしてアルダもまた、そういった人たちにおススメのヨガです。

まず始めに意味について理解しておきましょう。「半分」という意味があり、アルダ・チャンドラーサナ(半月のポーズ)やアルダ・マッチェンドラアサナ(半分の魚の王のポーズ)などがあります。ちなみに半分の魚の王のポーズというのは、ひねりを加えるものでアサナの代表的なポーズの1つとして有名です。

ポイントは力でねじるのではなく、背筋を伸ばした状態で呼吸に意識しながらゆっくりと行います。完全なポーズをとるのは難しい為、半分のねじりでも十分に効果が得られるようにと、ハタ・ヨーガの創始者の1人である聖者マッチェンドラによって考案されたのが始まりです。

やりやすいと評判になり、後世で広まり今もなお基本として取り入れられています。
体が硬くても出来ますし、運動量が多いわけでもありません。イメージとしては背骨をねじる感じで簡単なので、初心者向けのポーズです。家でも出来るので是非、実践してみてはいかがでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ヨガ

このページの先頭へ