古典的なヨガスタイル・アナンダヨガについて

古典的なヨガのスタイルとして知られているアナンダヨガは、スワミ・クリヤンダ師が考案したヨガです。多くのスタジオや教室などで行われている馴染みのあるヨガは、近代化へとアレンジされたものばかりです。ダイナミックなポーズを取ったり、運動量が多いものなど多種多様にありますが、どれも修行というよりも健康や美しさを目的に行われています。

宗教じみてしまうと、敷居が高いような気がして身が引けてしまう、という方は少なくありません。昔ながらのヨガを活かしているアナンダは、姿勢と呼吸法を意識して行われます。これは自身が持つパワーをコントロールする為だからこそです。

自分自身と向き合うことで「肉体と精神の安定」を得ることが、最大の目標として掲げられています。激しい動きではなく、静かな動きをするのも特徴の1つなのです。
普段、意識を集中させる機会というのは中々ないものです。

また、集中させようと努力したところで本当に向き合えているのかも疑わしいところです。アナンダを行う際は、インストラクターよりも信者のところで修行を積み重ねていく方が良いでしょう。現に迷いや不安などがある時、もしくは精神の調和を求める時に修行者が行ってきたヨガです。

修行者が行っているヨガを習得するにはインドに行かなければいけないのか、というと決してそういうわけではありません。インドから遥々日本に訪れている方もいれば、日本人でありながら取得している方もいます。日本にいても本格的に始められるので、是非チャレンジしてみてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ヨガ

このページの先頭へ