ヨガ発祥の地・リシュケーシュで修行をしよう

インドと言えば「ヨガ」というイメージが強いかと思います。インドの国民のほとんどがヨガを愛し、自宅で行うだけでなく公園など人目が付くところでも普通に行われています。テレビ番組などでもよく特集されていたりします。今では日本はもちろん、世界で親しまれるほどの存在になりました。

健康と美しさを維持するためにもとても効果的だということが身を持って感じられているのでしょう。
そんなヨガブームは、旅行ツアー業界にも影響をもたらしています。特に人気なのはヨガ発祥の地と呼ばれているリシュケーシュです。

旅行会社によってプラン内容は異なるものの、その多くがヨガ修行となっています。リシュケーシュには、「美しき青きガンガー」とも呼ばれるガンジス河の上流があります。そこでは雰囲気ある静けさが漂い、より一層ヨガ精神を高めてくれることでしょう。ヨガのことについてもっと知りたい、発祥の地に訪れ直に触れあいたい、という方にはおススメです。

また、ツアーを頼めば現地のガイドさんが付いてくれるので、質問などが出来るのも魅力ではないでしょうか。
リシュケーシュにはトリヴェニー・ガートという大きな沐浴場があります。沐浴はいろいろな思いを込める神聖な行為であり、観光気分の方にはおススメ出来ません。

トリヴェニー・ガートにはヒマラヤ山脈から雪解け氷がガンジス河へ流れ込むので、9月辺りは特に水が冷たいようです。観光プランの中には実際にインドの方たちと修行を体験出来るものもあるので、興味がある方は是非検討してみてはいかがでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ヨガ

このページの先頭へ