50代・60代から始められるラーマヨガとは

インドには有名な叙事詩がたくさんありますが、その中でも「ラーマーヤナ」は特に有名で、今もなお人気の物語として語り続けられています。コーサラ国の王子ラーマとその妃シーターを中心に展開される愛と冒険の内容となっていて、インド人だけでなく日本人にとっても楽しめる物語です。

王子の名前をとったヨガもあります。リフレッシュを目的としたヨガで、癒しのヨガとも呼ばれています。初心者の方はもちろんですが、高齢者の方からの支持も厚いようです。
中・高齢者向け指導者育成コースとして「ラーマ・クラブ」(以下RC)というのがあります。

50代、60代になってからでも国際ヨガ協会の指導者として活躍できるように道を開けてくれるのがRCの目的です。どうしても体が固くなってしまう年代ではありますが、今まで培ってきた人生経験を活かしながら、いろいろな人にヨガと出会った楽しさなどを伝えてほしい、という意味が込められているようです。

運動量は少なく、無理なく体をほぐしたり正しい呼吸法をソフトなプログラムで取得することになります。
RCの指導者として活動する為には幾つかの条件をクリアしなければいけません。

その条件の中には満55歳以上、2年間の実習経験の有無、国際ヨガアサナ段位「3級」以上、TRY修了などがあります。50歳を過ぎた頃からは、更年期障害などを抱えやすくなるので、気分転換に始めてみるのもおススメです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ヨガ

このページの先頭へ