ムーラバンダとはどんなヨガ?そして得られる効果について

ムーラバンダはヨガの一種です。ちなみにサンスクリット語で「ムーラ」は根、原因、基礎、足元を意味し、「バンダ」にはロック、止める、締める、閉じるなどの意味が込められています。では実際にどのようなヨガなのでしょう。簡潔にいえば、会陰部(肛門)を引き締めるヨガです。

リラックスした状態で横になってみると分かりますが、どんなに身体の力を抜いても肛門を緩めることはできません。生きている限り、緩むことのない部分なのです。逆にいえば、肛門の力は生きる力そのものと解釈することができます。ただ、肛門を引き締めるといっても安易なことではありません。

その為、ムーラバンダを行う際はできるだけ、熟練された指導者のもとで行うべきなのです。もし、指導者がいないのであれば特に慎重に練習するといいです。
ちなみに日本におけるヨガ第一人者でもある、成瀬雅春師はムーラバンダを100万回行うことを目標とするように指示しています。

実際に行うのは非常に難しいですが、それほど回数を重ねることが大事ということをいいたいのだと思います。
このヨガは背骨に効果があり、背骨全体が活性化され姿勢が良くなります。他にも、ホルモンバランスの維持や内臓など臓器の調整にも効果的です。

消化や腸整、それに性的疾患などの改善・治癒にも期待できますし、精神面においてもストレス、不安や興奮や怒りなどを緩和し、リラックスすることもできます。道具要らずなのも、また嬉しいですよね。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ヨガ

このページの先頭へ