ヨガの初級編マントラとは?そしてそれを用いたヨガについて

ヨガをやっていない方でも「マントラ」という言葉自体、聞いた事はあるという方は多いのではないでしょうか。簡単に説明すると真言、聖なる祈りの言葉のことを指しています。
マントラを用いたヨガは、年齢を問わず幅広い世代の方たちが行っています。

主に音やバイブレーションに重点を置き、身体と魂を浄化させることでチャクラ(生命エネルギーの集結部)を目覚めさせる作用があるといわれています。
このヨガの方法は、心の中もしくは声に出して言葉を唱えます。この時、簡単なメロディが付いている場合が多く、ただ唱えるだけよりも頭に入りやすいようです。

精神を統一することができるので、集中力を高めたいという時におススメです。また、身体の調和やバランスを整える時にも効果的です。運動量は少なく、ダイナミックなポーズを取るわけではないので初心者の方でも始めやすいとてもポピュラーなヨガとなっています。

ヨガは古代インドで誕生し、宗派や流派などさまざまなものが組み入っています。また本来の目的は、体・心・魂を神(あるいは宇宙)に結びつけることの修行法として生み出されたのがきっかけです。そしてそれが結果的には、ダイエットや健康維持などに繋がる…ということで日本でもブームとなっているのです。

マントラヨガに関しても同じです。もともとは修行法の1つでしたが、今では目的はどうあれ、たくさんの方たちが行うヨガとなりました。目的はダイエットであっても、結果的には修行をしているのと同じことになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ヨガ

このページの先頭へ