ティーチャーズトレーニングコースを受けるメリット

師匠であるスワミ・シヴァーナンダ師の指示のもと、スワミ・ヴィシュヌデヴァナンダ師は世界各国にヨガセンターを設立しました。その数は80か所以上といわれ、毎年多くの方たちが受講されています。スワミ・ヴィシュヌデヴァナンダ師はヨガの知識を世界に広めるために、ティーチャーズトレーニングコースを設けました。

コースの内容はインド古来のグルクラ・システムが取られており、師匠と弟子がともに寝食を共にし修行することになります。毎日、ヨガ一色となり、これを4週間ずっと続けなければいけません。薬物、アルコール、喫煙、菜食でない食物、裸体、騒音、争い、乱暴な言葉づかいなどは一切禁止となります。

ティーチャーズトレーニングコースを終えると独自のアイデンティティー、連帯意識、自信、集中力向上、強靭さと柔軟性が得られるようです。
また、終了証明としてインターナショナル・シヴァーナンダ・ヨーガ・ヴェーダンタ・センターが発行する『ヨーガ・シロマニ(ヨガの先生)』の証書が交付されます。

これは全米ヨーガ・アライアンスの200時間終了の規定と同等のもので、必要な時はアライアンスの認定も受けることができます。

ティーチャーズトレーニングコースは世界各国で受けることができます。まずヨガの講師として人に教えたいのであれば必須ですし、例え趣味として続けたいという方でも取得は十分に可能です。生活自体、ヨガが主体になる、なってもいいという方は是非、チャレンジしてみてはいかがですか?

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ヨガ

このページの先頭へ