ヨガとタントラの関係とは?そして存在する意味について

ヨガの1つにタントラという名のものがあります。密教系統のヨガであり、師の導きにより解脱を叶えるといわれています。密教と聞くと謎めいた感じがしますが、ヨガにおいての秘密の教えや、奥義に属する教えのことを指しているだけなのです。

日本の秘密仏教には、真言宗や天台宗が挙げられますが、それとは思想・行法が大きく異なります。タントラを信奉する集団は、呪術的・神秘主義的性格が強く、また時には性的な傾斜を見せることもあるようです。

その為、周囲から怪しい集団とひとまとめに称されることも珍しくないのです。ちなみにヒンドゥー教、ボン教、仏教、ジャイナ教と考えは共通しています。
形は違えど世界各国に伝わり、私たちが住んでいる日本も例外ではありません。

日本の他にも南アジアをはじめ、チベット、モンゴル、中国、韓国、カンボジア、ミャンマー、インドネシア…などにも伝わっています。インド7世紀中頃に栄えた非バラモンの思想に、タントラ思想(タントリズム)というものがあります。

そもそもタントラには枠組み、教義という意味が込められています。タントリズムはそこに英語のismを付けくわえただけのことです。仏教はもちろん、世界各国の宗派で見受けられる存在です。

ここまでで簡単にまとめましたが、宗教やあらゆる国の名前が出てきましたがヨガにとってどのような存在になるのか理解して頂けたでしょうか。要は、どうしてこの世の存在しているのかを考え、より強く、豊かで、優しさを得るための行法と考えてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ヨガ

このページの先頭へ