ヨガのウォーミングアップ太陽礼拝の一連の流れ

スーリア・ナマスカーラ、これはヨガの基本である「太陽礼拝」のことを指しています。太陽礼拝を行うことで、体全体を温め脂肪を燃焼しやすく、かつ筋肉や関節をほぐす効果があるのです。多くのヨガ教室でも、ウォーミングアップとして取り入れているのではないでしょうか。では、どのような流れで行われているのか、簡単に説明したいと思います。

まず、つま先とかかとを揃え背筋を伸ばした状態で合掌をします。気持ちはできるだけリラックスすることが大事です。
次に息を吸いながら、両手を上に伸ばし太陽を仰ぐようなポーズをします。新鮮な空気が体中に行き渡るように大きく吸いこみましょう。

今度は息を吐きながら、上半身を前に倒します。この時、背中は真っすぐにお尻は付きでないように意識してください。ココからはいろいろなポーズを取ります。

足と手のポーズ→足と手のポーズの変型→左足前のサルのポーズ→四つの手のポーズ→八点のポーズ →上を向いた犬のポーズ→下を向いた犬のポーズ→左足前のサルのポーズ→足と手のポーズの変型→足と手のポーズ→太陽を仰ぐポーズ→そして最初の合掌のポーズで終了となります。

ウォーミングアップとはいいましたが、太陽礼拝を終えた頃にはうっすらと汗をかいた状態になっていることでしょう。ポイントは全身に太陽の恵みを受け取るイメージで行うこと、そして呼吸を意識することです。さて、ここまで終えたら本格的なヨガの始まりですね。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ヨガ

このページの先頭へ