ヨガをおこなう上で必要な呼吸法「シターリ」について

ヨガでは、普段聞き慣れない専門用語がたくさん使われます。今回は、専門用語の中から呼吸法の1つでもある「シターリ」について説明したいと思います。

単純に辞書をひくと、舌を丸めて息を吸う呼吸法と書かれています。その効果は、体を冷やすとともに快活することができるようです。では、簡単に準備と注意点、そしてやり方について簡単に説明したいと思います。

まず準備ですが、呼吸法なので空気のきれいなところで行うのがベストです。そして姿勢についてですが、背筋を伸ばし楽な体勢で座ります。目を閉じてゆっくり呼吸を繰り返し、心を静めてから始めてください。ここで幾つか注意点ですが、低血圧の方は十分に気を付けるようにしましょう。

もし、フラフラした場合はすぐに止めて、安静にするようにしてください。シターリの呼吸法は、舌を思いっきり突き出し、端をクルッと巻き上げます。その状態で息を吸い、吸いきったらアゴをひいて息を止めます。止める時間は人それぞれで良いですが、無理は禁物です。鼻から息を吐き出して終了となります。だいたい10回を目安に繰り返してください。

簡単にまとめてみたものの、やはりフィットネスジムなどヨガの先生の下で行うのが1番確実といえます。覚えてしまえば自宅でもできる呼吸法なので是非、体験してみてはいかがですか?シターリと似ている呼吸法に「シカーリ」というものもあります。舌の造りの関係上、どうしても出来ない…という方は、シカーリを行うと良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ヨガ

このページの先頭へ