クンダリーニヨガの一連の流れをご紹介します!

ヨギ・バジャンによって広められたクンダリーニヨガは、現代では多くのヨガ教室で取り入れられています。初めての方でも理解しやすいように、簡単に流れについて説明したいと思います。

まずクンダリーニヨガを始める準備として、邪魔の入らない静かな場所、環境作りが必須となります。また、しっかりと集中し、アディマントラ(オング・ナモ・グル・デェブ・ナモ)を3回唱えてから始めるようにしましょう。
そしてここからが最も重要となります。

クンダリーニヨガを行うにあたってクリヤ(浄化法)が基本となります。特にクリヤの中でもサットクリヤが効果的です。その後はエクササイズを行い、終了後は休息を取り、クリヤの効果を体に定着させましょう。これらを毎日続けることで、心身共に素敵な変化が訪れるはずです。

ヨガにもいろいろと種類がありますが、クンダリーニはその中でも最も完成度が高いといわれています。

マントラを使った瞑想は高い波動で心身を浄化してくれるので、是非取得したい技法の1つです。古くから伝えられた動きと呼吸法、そして瞑想を取り入れられたヨガは難しいかも…と思われがちですが、動きは非常にゆっくりなのでダイナミックなポーズを取るヨガに比べたら始めやすいかと思います。

まずは基本中の基本でもある、サットクリヤの動作から始めてみましょう。サットクリヤは、自然なエネルギーの流れを刺激するので、自分自身をコントロールしやすくなるという効果があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ヨガ

このページの先頭へ