インテグラルヨガは日本人に適したヨガだからこそおススメ!

インテグラルヨガは、日本人に適したヨガといわれています。インドの伝統的なヨガ「ハタヨガ」をもとに、日本人の骨格や体系などに配慮しアレンジされたものです。適しているということは、体にあまり負担を掛けずに済むので続けやすいというメリットがあるのです。

インテグラルヨガは総合という意味であり、呼吸法から始まりアサナ(姿勢)、瞑想とヨガの基本が幅広く取り入れられているのが特徴です。リラックス効果はもちろん、ダイエットにも効果的と評判のようです。しかし、実際に行う上で気を付けなければいけないところやポイントがたくさんある為、独学で進めるのは中々難しいことです。

もし少しでも興味があるのであれば、ヨガ教室に通うことをおススメします。
インテグラルヨガでは、正坐から安楽坐へ変える動作が含まれています。この動作でのポイントについて説明したいと思います。

まず、正坐のマントラから始めます。マントラの音程は先生によって異なりますし、決して上手に唄わなければいけないということはありません。気軽に楽しむことが大切です。次に正坐から安楽坐へ姿勢を変えます。安楽坐はあぐらに近い、安定した坐り方だといわれています。やり方としては、正坐の上体から膝を左右に開き、腰を上げます。

かかとを一歩前に出し、そのかかとの後ろに腰を下ろした状態が安楽坐です。ちなみに正坐をする場合は、脚の親指が重ならないようにすることも大切です。ヨガは慣れるまで苦労するかもしれませんが、インテグラルヨガなら初心者向けなので続けやすいかと思います。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ヨガ

このページの先頭へ