世界中で最も愛されているアイアンガーヨガ

ヨガの歴史は古く、今から4~5千年前にインドのインダス文明で生まれています。その間に多くの渓流や派閥が生まれて進化して今に至っています。現在、エクササイズとして私たちが触れているヨガは「ハタヨガ」といい、体を動かすことによって心や精神を安定させることを目的としています。

その「ハタヨガ」にも沢山の渓流があり、それぞれ動きなども異なってきています。
現代において人気のあるヨガの一つが「アイアンガーヨガ」です。これはB.K.S.アイアンガー師が発案したメソッドで、解剖学や心理学などをもとに伝統的なヨガの手法をアレンジし進化させたもので、近代のヨガに最も影響を与えたと言われています。

アイアンガーヨガの特徴ですが、心と体のリラクゼーションのみを目的としているだけでなく、スタミナを持続させる強い体を作ることにも重きを置いています。また、道具を用いることを提案したのもこのヨガの特徴で、他のヨガと大きく違う点です。

利用する補助道具はロープや椅子、ベルトなど身近にあるものです。道具を用いて行うことで、初心者には難しいポーズも容易に出来るようになり、バランスを正しく保つことで、より高い効果が期待できます。

このヨガの技法により、あらゆる人がヨガを出来るようになりました。たとえば生理中の女性や体のどこかに不安がある人、障害を持っている人、お年寄りなどでもヨガをすることを可能にしています。道具を使うことで安心して出来るため、難しいアーサナも積極的に試すことができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ヨガ

このページの先頭へ