グレープシードオイルはブドウの種から採れるオイル

グレープシードオイルとは、ブドウの種から採れるオイルのことで、植物性のオイルで食用から全身ケアまで幅広く使えるのが特徴です。また原料がブドウの種であることから、価格も他の植物性オイルと比べたらお手頃となっています。

食べても高い健康効果が期待できます。コレステロールが全く含まれていないため、体型を気にされる方やコレステロール値が高めと診断された方が食べるのに適しているでしょう。

動脈硬化や高血圧といった生活習慣病の予防や改善にも役立ち、若返りのビタミンであるビタミンEの量が豊富です。植物油が注目を集めるきっかけをつくったのは、オリーブが持っている健康効果が脚光を浴びたことです。

オリーブにもビタミンEが豊富に含まれているのですが、グレープシードオイルにはその2倍の量が含まれています。ビタミンEha酸化を防ぐ働きに優れているため、防腐剤を添加しなくてもその鮮度を長く保てるのです。

胃腸の弱い方も食べやすいのが特徴で、他の植物油と比べてみると非常にさらりとしたテクスチャです。そのため食べても胃腸にかかる負担が少ないため、油分により胃もたれを感じる方にもおいしく召し上がっていただけます。

味にもクセがありませんので炒め物、サラダ、マリネなどさまざまなレシピに幅広く使えるのも特徴です。お肌の乾燥対策にも有効で、さらりとしていてお肌への浸透率も高いためお肌全体の保湿ケアにも使えます。またビタミンEがお肌の老化防止にも働いてくれるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:老廃物

このページの先頭へ