ケルセチンとは主にたまねぎの皮に含まれるビタミン

ケルセチンとは水溶性ビタミンの一種であり、たまねぎの皮に多く含まれています。リンゴやサニーレタス、ブロッコリーなどにも含まれています。それは酸化に対して強い抗力を発揮してくれるため、さまざまな病気の予防や改善策に有効に働いてくれます。

アレルギー症状の改善にも力を貸してくれます。毎年大勢の方が発症する花粉症、ぜんそく、食物によるアレルギー症状は大勢の方が悩まれている症状です。アレルギー症状を引き起こす原因に働きかけて、症状を緩和してくれるのです。

また血液をサラサラにするように作用してくれます。生活習慣病を引き起こす要因として、血液の粘度が高いことがあげられます。血流が悪くなり、酸素や栄養成分の運搬が滞ること、血栓が生じやすくなり病気を引き起こす危険性が高まるのです。

ケルセチンは血液の粘度を解消し流れをスムーズにするように働いてくれるのです。
体脂肪を分解する特徴があることもわかっています。体内に蓄積された体脂肪を細かくして、燃焼しやすい状態に変えてくれおかげでダイエット効果が現れやすくなるのです。

ケルセチンをとるには食品からが望ましく、最も多く含まれているのは玉ねぎの皮ですが、それを食べる習慣がありません。また非常に硬いため調理しても食べにくいのです。皮の部分だけでなく実にも有効成分が残っていますのでそれを有効活用しましょう。たまねぎの皮をむいた後に、水で洗わずに調理すると有効成分が逃げ出しません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:老廃物

このページの先頭へ