自然食品とはできる限り農薬や化学肥料を使わずに作った食品

自然食品とは農薬を使わずにムシを駆除し、化学肥料をなるべく使わずに作られた食品です。健康志向が高まったことから、好んでそういった食品を選んで購入される方が増えていますす。有機栽培と混同されている方も多くいらっしゃるでしょう。有機栽培とは、農林水産省が指定する栽培基準をクリアした商品に付けられる認証制度のことです。

一口に自然といっても、その製法はさまざまあります。それは有機栽培を含めた、できる限りナチュラルな農法によって作られた食べ物全般を意味します。
戦前は農薬や化学肥料といった物がそれほど広く使われていなかったため、毎日自然の物を食べて生活するのが可能でした。

ところが戦後文明が発達したこと、農業技術が進んだことにより、化学肥料や農薬を使って作られた食品が多く出回るようになりました。
しかしながら、それらが体に与える被害が注目されるようになり、そして地球環境を汚染する原因となることから、自然食品への回帰が見られるようになったのです。

また地域復興の一環としても、非常に重要な役割を果たしています。地元経済が衰退し、人口減少に歯止めがかからない地方にとって、何とか産業を発掘し移住者を増やすことが自治体存続の鍵となっています。

そこで地元の特産品をアピールし、町おこしをしようと努力しているのです。地方にはその地域ごとに有名な特産品があります。ナチュラルフードへの関心度が高まったことで、地域の名産品にも注目が集まるようになったのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:老廃物

このページの先頭へ