脂肪燃焼酵素とは脂肪の燃焼を促してくれる働きを持つ酵素

脂肪燃焼酵素とは、脂肪を燃焼させるよう働きかける酵素のことです。健康的なダイエットを成功させるためには、脂肪を燃焼させることが重要な鍵を握っています。脂肪が燃焼するためには、さまざまな条件がそろわなくてはいけません。まず運動などにより体が温まってくると、その影響で血糖値が下がってきます。

血糖値が上昇したときに、インスリンというホルモンが分泌されるのですが、下がったときもまたその数値を安定させようとグルカゴンというホルモンが分泌されるのです。それが脂肪細胞を血中に放出させてくれます。そしてリパーゼという酵素が、その分解を促進しエネルギーとして消費されるようになるのです。

つまり、効果的にダイエットを実行するには、血糖値を上げないようにすることがコツです。そのおかげで脂肪燃焼酵素の働きが活発になるからです。そのために運動前に炭水化物を多くとらないことも大切になります。

糖の吸収率が高い物を食べてしまうと、血糖値が急上昇してしまい、せっかく運動をしても、期待以上の脂肪燃焼効果が得られなくなってしまうのです。運動前のエネルギー補給のために甘い物を取る方もいらっしゃいますが、糖の吸収が緩やかなタイプの食品を選ぶように気を付けましょう。

適度に間食をとることも大切です。空腹を感じる時間が長引いてしまうと、糖の吸収率が高くなってしまいます。それを防ぐために間食をとり、糖の吸収スピードを遅らせるようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:老廃物

このページの先頭へ