窒素化合物は全ての生物にとってなくてはならない物質です

窒素化合物は窒素原子が含まれる化合物のことです。非常に多くの種類があり、アンモニアなどの無機化合物、そしてアミノ酸などの有機化合物があります。アミノ酸だけではなく、DNAやRNAにも含まれ、生物の重要な構成要素です。それゆえ、元素としての窒素は全ての生物にとって不可欠です。

窒素は大気中に約78%含まれ、呼吸とともに取り込まれていますが、通常生物は呼吸によってはうまく摂取、活用することができません。ですので、窒素を取り込み化合物に変換できる(これを固定といいます)微生物によって産生された物質を植物が取り込み、その植物を動物が食べるという形で摂取する必要があります。

人間も同様に、大気中からは摂取することができませんから、必要な物質を補うために適宜食物などからとらないといけないのです。
なお人工的に固定することも可能で、実際には微生物が固定する量より人為的に固定される量が多いほどです。この技術は肥料の生産などに応用されています。

窒素化合物の一部は、生物の体内で分解され、有害なアンモニアを発生させます。動物はこれを無毒化して尿素にしますが、この形でも体内に蓄積したり、再びアミノ酸に変換したりすることができないため、そのまま尿として排泄されてしまいます。代謝してできた物質を再利用できない以上、動物は継続的に摂取し続けなければなりません。

健康を維持するためには、たんぱく質やアミノ酸が豊富に含まれた食物をバランスよく続けてとるのが重要だと言われるのは、必要不可欠な元素を安定してとり続ける必要があるからなのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:老廃物

このページの先頭へ