ウォーキングをするときの歩幅の目安について

ウォーキングをするときの歩幅は、普段よりやや広めにした方が良いとされています。その方が運動量が増えてカロリーを消費しやすくなるからです。しかし無理をして広げ過ぎると股関節や膝などを痛めることになってしまいますので、適切な幅に調整するようにしましょう。適切な歩幅は自分の身長の約半分の広さと言われています。

つまり、160㎝の身長の人は80㎝ほどで歩くと良いということになります。ただし、人によって筋力が異なりますし柔軟性や足の長さも異なりますので、あくまでも目安として頭に入れておいてください。

歩幅を広くして歩くのは実は結構大変なことで、足の筋肉が必要です。足に筋肉があまり付いていない人は、そうしようと思ってなかなかできないものです。ですから、最初から歩く幅を広げて歩こうとしても、今まで運動をしていなかった人にとっては難しいことです。

無理に足を広げて歩くと、先述したように股関節や膝、そして足の筋肉を痛めることになるので、少しずつ広げていって、最終的には身長の半分ほどの広さにしていってください。また、足の筋肉をかなり使用するので、ウォーキングを始める前に準備運動をしっかり行ってウォームアップするようにしてください。

そして、ウォーキングが終わった後もストレッチをして、筋肉をよくほぐしておくようにします。それと、なかなか歩く幅を広げられない人は、太腿やふくらはぎの筋肉を鍛えると歩けるようになりますが、ウォーキングをしている内に徐々に筋肉は付いてきますので、焦らずに少しずつ広げていくようにしてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ウォーキング

このページの先頭へ