ウォーキングで分泌されるβエンドルフィンの素晴らしい効果

βエンドルフィンは、ウォーキングを始めて20分ほどすると分泌されると言われていて、脳内モルヒネと呼ばれているホルモンです。このホルモンは脳に快感を与え、痛みや苦痛を感じなくさせます。故に脳内モルヒネと呼ばれているわけです。

ウォーキングを毎日続けるのは、肉体的にも精神的にも大変なことで、嫌になってしまうこともあります。しかし、歩き始めたら何とか歩き続けることができます。それはこのホルモンのおかげなのです。

このホルモンがウォーキングに対するストレスをマヒさせてくれるので、歩き始める内に気が紛れてしまうのです。また、このホルモンには心臓を活発に動かして血行を良くして新陳代謝を高める働きがあるので、体の細胞が元気になります。それによって女性ホルモンが活発に分泌されるようになり、肌や髪の毛もツヤツヤになります。

ウォーキングをすることでβエンドルフィンが分泌され、このような働きを行うにつれて楽しい気持ちになって、精神的に前向きになることができます。そして、このホルモンが分泌された後に分泌されるドーパミンには、気分を高揚させる働きがあるので、さらに楽しくなって、色々な楽しい考えが浮かぶようになります。

そして、またその後に分泌されるセロトニンには精神を安定させる働きがあるので、その楽しい事が具体的な考えとなっていきます。ウォーキングには健康を守るだけではなく、このような効果も期待できるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ウォーキング

このページの先頭へ