水中ウォーキングの水温によるダイエット効果

プールで行う水中ウォーキングには様々なメリットがあります。一番のメリットは水の中にいるだけでカロリーが消費される点です。水温は体温よりも低いので、水の中に入ると体が体温を上げようと働き、多くのカロリーを消費します。ですから、水中はダイエットにとても有効な環境です。

また、水の中では水圧がかかりますが、これにより筋肉に多くの負荷がかかり、水の中で軽い運動をするだけで多くの脂肪を燃やすことができます。さらに、水中で動くと水の抵抗がありますが、その抵抗に反して体を動かすことで、地上で運動をするより効果的な運動ができます。

水中でウォーキングを行うと、このような効果を得ることができ、一般的な地上のウォーキングよりも運動効率を上げることができます。

水中ウォーキングのやり方は、プールに行くとインストラクターが指導してくれますが、インストラクターがいない場合は、上体がブレないように大股でゆっくり歩くことから初めてください。ゆっくりという点がポイントで早く歩こうとすると、水圧がかかっているので足腰に余計な負担がかかり、痛めてしまう可能性があります。

水中の浮力を上手く利用して、ゆっくり歩くことを心がけるようにしてください。あと、水中ウォーキングでは膝を高く上げたり、横に足を出したりして歩くのも有効な歩き方です。腕もできるだけ大きく振って、歩くようにしてください。そうすることで体のバランスも取りやすくなる他、二の腕の強化にもつながります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ウォーキング

このページの先頭へ