水圧を利用した水中ウォーキングのメリット

ウォーキングは有酸素運動なので有効に脂肪を燃やせますが、それを水中で行うとさらに効率良く脂肪を燃焼させることができます。水中ウォーキングとはプールの中で歩くことですが、水の中なので筋肉に水圧がかかり、地上に歩くよりも負荷が多くかかるため、より多くの脂肪を燃焼します。

さらに、水が深いほど水圧が高くなるので、つま先により多くの圧力がかかり、血行が促進されます。血行が良くなると、それだけ脂肪が燃焼しやすくなりますので、水中ウォーキングは地上で行うウォーキングよりも多くの脂肪燃焼が期待できるのです。

水中ウォーキングは、それだけではなく浮力があるので足や膝、腰などにあまり負担をかけずに歩くことができます。年配の方や強度の肥満の方は無理に歩くことで膝や腰などを痛める場合がありますが、水中ではその心配がありません。楽に歩けますので、膝や腰が痛い人にはおすすめです。

ただし、水中ウォーキングは水の中で正しい姿勢を保ちながら行わなければ、水圧がかかっているので逆に足や腰を痛めてしまう場合もあります。水面から出ている上半身がぶれないように保ちながら、ゆっくり歩くことがポイントです。

慣れないうちから早く歩こうとすると逆に足や腰を痛めてしまうので、注意が必要です。水中での歩き方には色々ありますが、大股で歩くことから始めて膝を上げて歩いたり、蹴り上げて歩いたりしてください。腕もできるだけ大きく振るようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ウォーキング

このページの先頭へ