ウォーキングウエイトを使用する時の注意点

ウォーキングウエイトは、ウォーキング中のカロリー消費を向上させる目的と、筋肉を強化する目的で使用されます。ウエイトといっても一般的なダンベルのように重いものではなく、重くても1㎏程度です。

そして歩く時に邪魔にならないように握りやすいグリップになっているものが多く、最近は手首や足首に巻くことができるものや、手袋のように装着できるものなどがあります。
ウォーキングは歩くだけの簡単な運動なので、ちょっと物足りないと思う人にはおすすめです。

筋肉が付くと、それだけ新陳代謝が良くなるので、ダイエット効果も高まります。ウォーキングをしてもなかなか痩せられないという人が、ウエイトを利用して効果が出たという人も大勢いますので、なかなかダイエット効果が現われない人は試してみてください。

しかし、ウォーキングはそのままでも十分な運動量があり、ダイエット効果も高いので、無理に使用する必要はありません。重いものを装着して歩くのですから、それだけ体に負担をかかり、特に年配の方はあまり使用しない方が良いです。

無理に使用すると、筋肉や関節を痛める可能性があります。どうしても使用するなら、いきなり重いものを使うのではなく、最初は軽めのものにして、その後徐々に重くしていくことをおすすめします。

そして歩いている時に、万が一足首などが痛くなったら、すぐに使用を中止してしばらく休むようにし、くれぐれも無理はしないように気をつけてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ウォーキング

このページの先頭へ