ウォーキングのコースはどのようにして決めたら良いか

ウォーキングのコースには特に決まりはありませんので、好きな所を歩いて構いません。できれば、あまり坂がないフラットな道のりを選ぶことをおすすめします。登り坂や下り坂は足首や膝に負担をかけるからです。ウォーキングは毎日行うものですから、毎日のように足首や膝に負担をかけ続けたら、いつか故障してしまいます。

そうならないように、道はなるべくフラットな方が良いのです。どうしても坂がある道を歩くなら、ウォーキングの前後にストレッチを行い、足首や膝そして筋肉などを守るようにしてください。

ウォーキングのコースに決まりはありませんが、どうせ歩くなら緑が多い場所を選ぶと良いです。ウォーキングは健康やダイエットが目的ですが、外を歩くことで気分転換になり、ストレス解消にも繋がります。

ですから、なるべく緑豊かな方が良いのです。また、1つのコースだと飽きてしまうかもしれませんので、その日の気分で選べるようにいくつか歩ける場所を見つけておくことをおすすめします。ウォーキングは持続させることが大切ですが、そのためには楽しく歩くのが一番です。

最近はウォーキングをするために犬を飼って犬と一緒に歩く人も増えていますが、その場合は犬が一緒に歩いても邪魔にならないようなところを選んで歩くようにしてください。また犬と一緒だとリードを持たなければならないので、フォームが乱れがちになります。犬と一緒でも正しいフォームで歩くように心がけて下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ウォーキング

このページの先頭へ