ウォーキングを行う一番良い時間帯について

ウォーキングを行う時間帯は特に決まっているわけではありませんが、おすすめは朝です。朝は起きたばかりでエネルギーも満ちていますし、何と言っても朝の空気はすがすがしくて、やる気が出てきます。また、朝に運動をして新陳代謝を上げた方が脂肪が燃えやすくなります。

できれば、同じ朝でも朝食を食べる前に歩くようにしてください。食事をした後は食べたばかりの食べ物がエネルギーになるので、脂肪は燃えません。ダイエットを目的にウォーキングを行う場合は脂肪が燃えた方が良いので、断然、食前がおすすめです。

時間的に朝食前にウォーキングをするのが無理な人は食後でも構いませんが、食後すぐではなく、20~30分ほどしてから歩くようにしてください。また、通勤の時間を利用して歩くのも良い考えです。2駅くらい歩くと1日30分歩けます。ただし、夏場はたくさん汗をかきますので、着替えが必要になります。

着替えが面倒なので、夕方の会社帰りに歩くという人も多いようです。
このように、ウォーキングをする時間帯は自分のライフスタイルに合わせて、自由に決めて構いません。昼間に時間が取れない人で真夜中に歩いている人も少なくありません。大切なのはウォーキングを続けることです。

無理やり朝歩かなくても、続けやすい時間帯を選ぶのが一番です。また、ウォーキングをする時間を無理に決める必要もありません。その日のうちなら、いつ歩いても大丈夫です。朝が無理なら夕方、夕方も無理なら夜という風に、自由に歩いても構いません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ウォーキング

このページの先頭へ