ウォーキングを行う頻度と時間を決め方について

ウォーキングを行う頻度は、できれば毎日が理想的です。ウォーキングだけではなく、運動は持続させることで効果が発揮されるので、少しずつでも毎日行うようにした方が良いです。

一般的にウォーキングは、1日1万歩を歩くことが目標とされていますが、ほとんどの人が通勤や仕事、家事で体を動かしていますので、1週間で3時間半、つまり1日30分のウォーキングをすることが奨励されています。

できれば毎日30分歩いた方が良いのですが、時間が取れない人は頻度を下げて1日おきにしたり2日おきにしたりしても構いません。その代わり、1週間のウォーキングの時間は3時間半になるように調整してください。ただし、3日空けると元の体に戻ってしまうので、まとめて運動するのはせいぜい2日おきの頻度にしておいた方が良いです。

また、ウォーキングなどの有酸素運動は、20分以上運動して始めて脂肪が燃えると言われています。ですから、10分や15分歩いても脂肪は燃えません。最低でも30分は続けて歩くようにして下さい。1回のウォーキングが30分以上であれば、あとは自分の生活や体調に合わせて長めの時間を歩いても大丈夫です。

しかし、決して無理をしてはいけません。1日に3時間半というのはあくまでも目安ですので、最初から長時間頑張って歩く必要はありません。最初は短めの時間で、体が慣れるに従って、徐々に時間を伸ばしていくようにすると良いです。自分の体と相談しながら行って下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ウォーキング

このページの先頭へ